今日は母の命日

交通事故で亡くなってから14年

59才でした

今日は夏至の日

夏至の日には、ちょっとエピソードがある
image




小学生の時、私が夏至の日の存在を知った時、私の誕生日(6/23)と近いことから、覚えやすいなと思っていたの

そして私は母に「夏至の日って絶対忘れないよ!」と話した

今でもその場面はハッキリ覚えています

朝、母が脱衣場の洗濯機から洗い上がった洗濯物を取り出していて、私は顔を洗い終えてタオルで顔を拭いていた

今日みたいに曇りの朝

母は「どうして?」と聞いてきたから私は「だって私の誕生日の2日前だもん!」と答えた

日常の何気ないこの一瞬の会話を、今でもシチュエーションまでもハッキリ覚えている

まさか、その数十年後に母が亡くなるなんて想像も出来なかった

母が交通事故にあったのは6/19の朝

脳挫傷で、医師からは、覚悟しておくように説明があった

もちろん意識は一度も戻らず、2日間頑張って夏至の日に天国へ行ってしまった

image



もしかしたら

母は

私が夏至の日を忘れない

と言っていたのを覚えていて

夏至の日を選んだのかな

母の命日が来るたびに、その事を考えてしまいます


今では、更に絶対に忘れない日になったよ



お母さん、たまには夢にでもいいし、オバケでもいいから出てきてね(^^♪