癌を全滅させたるー٩(๑òωó๑)۶

と決心してから、改めてもう一度須崎獣医師の手作り食の本を復習し

更に買い足してみたり
image


今日はこれを作ってみたょ
image

image

ヨーグルトは、レンチンコップ(免疫力を、上げるサプリ)を混ぜてあげているのでかけなかったけど、掛けてあげてもよかったのかな

ヨーグルトは癌にも身体にもいいし!


あとは困った時のグリーンドック!
ケント兄の時にも散々買いまくっていた


ケント兄には舐めてもらえなかったハーブ関連
優ちゃかは大抵口に入れてくれるから舐めてくれるかなと期待して買いました
image

指に付けて舐めさせてみたら
やっぱり優ちゃか
舐めてくれました(•ө•)♡
image

ちょっと変な匂いだったでち
舐めてみたら甘かったんでち



今日は優ちゃか退院後、初めての診察でした

優ちゃかの、原発性肺癌ていうのはとても稀にかかる病気で、なんと10万頭に4頭という数字だそうで...


どうして...

どうして優ちゃかじゃなきゃいけなかったの?

まぁ他のワンコでもかわいそうだけれどね...

でも、どうして優ちゃかが10万頭に4頭のうちの1頭になってしまったのか

どこに怒りや悲しみやりきれなさ切なさをぶつけたらいいのか...


癌の事を考えるとため息しか出ません

でも立ち向かう決意はできたから

抗癌剤5クールぐらいやる予定です
並行して飲む抗癌剤のお薬と、癌に血管を作らせない(栄養を運ばせない)薬も

お金がすごくかかります

抗癌剤ワンクール4万を5回分
飲み薬は1日分3千円弱を数ヶ月分

立ちくらみがしそうでした

だけど、やらないとまた手術前と同じ状態になり、また肺をとらなくてはならなくなる

何もしないと心臓まで潰して苦しんでしまう


優ちゃかは、リンパ節への転移は無かったことが不幸中の幸いでした

癌は悪制度が強いけど、いまある目に見えないぐらいの右肺の転移をやっつけられて100日以上生きられれば、生存率は1200日も夢ではないという資料も見せていただきました
image

コピーしてもらったもの
ブログに載せちゃって大丈夫なのかなぁ...

載せちゃったけど


副作用は白血球数が一時的に減少することは確か。
食欲がなくなるなどいくつかありましたが、個体によって違うし...
あと脱毛も副作用にありましたが
脱毛といってもヒトみたいにツルンとするわけじゃなくで、鼻の周りあたりが少し脱毛するぐらいらしいです
手術の際に剃った体毛は生えるのが遅くはなるそうですが...

要するに始めてみなくちゃわからないんだ

不安はいっぱいいっぱいいっぱいいっぱいいっぱいいっぱいいっぱいいっぱい、あるけど


勝ちたい!!

それだけ


勝ちたい...けど...あまりにも優ちゃかが辛そうだったら

私も辛い

その時はまたかんがえようかな


とにかく、何もしない後悔はしたくない